こんにちは望月です。

 

本日はビジネスをするなら、もっと砕けて言うと商売するなら持っていた方が良いかなという意識・認識について述べたいと思います。

 

日々小さな中古商品の転売を実施し、副業ながら月50~80万程度の売り上げを出させて頂いておりますが、全て商品をご購入頂くお客様のおかげ、という信念はしっかり持っています。

 

あくまでこの思考がベースですが、全てのお客様のどんな要求にも対応するという意味ではありません。お客様の「ご希望」と「我がまま」は区別しなければなりません。

 

初心者の方は「」となってしまうかもしれませんので、先週起きた事例でご説明します。

 

お客様からの返品・返金希望

つい先週お客様から頂いた要望のコメントを以下に抜粋して載せます。小さな中古商品の品名を伏せて多少編集させて頂きますが、その点はご理解下さい。

 

Amazon販売店 〇〇〇〇様

私は2018年4月16日に〇〇〇〇を購入させて頂いた△△△と申します、よろしくお願いいたします。昨日、御社より購入した〇〇〇〇に問題が発生しました。

故意の破損などを起こした訳ではないので、返品の上で返金してもらいたいんですが、出来ますよね?この問題は私の責任じゃないんですから。

 

初心者様はご存知ない方も多いと思いますが、実はAmazonで販売するには販売店として屋号を付ける必要があります。自由に決められますが私も立派な販売店名があります(笑)。

 

で、これを読んだ皆さんはどう感じましたか?多分私と感覚が近い方でしたら「7カ月前の小さな中古商品を返金保証しろなんて勝手で無謀だ!」とお考えになると思います。

 

その感覚・考えは大正解です。

 

Amazonマーケットプレイスのガイドライン(抜粋)を以下に載せますが、「返品・返金保証」は原則として商品到着から30日以内と定められてます。これは商品によらず全て共通です。

 

 

つまり30日を越えた商品に関して、出品者が返金保証をする義務も責務も無い、というのがAmazon側の見解です。ただし最初から不具合があり、購入者様が我慢して使った末の返金保証なら期間を問わず対応すべきとは思います。

 

どんな対応をすべきか?

今回の私の対応としては

 

「販売後1カ月以上経過しているため、Amazon規約に則り返品返金はお断り致します。更に1カ月経過後では、問題がいつ起きたか調査が出来ないこともお断りの理由です」と回答しました。

 

大多数の方に賛同頂ける対応だと思いますが、納得がいかない方もいらっしゃるかもしれません。もしそうなら、実際にAmazon出品者になった時に理想の対応を貫かれれば良いかなと思います。

 

ただし、我々せどらーが何のために転売を行っているのか?、果たしてお客様は何を要求しても何を言っても良い神様なのか?ということを冷静に考えれば自ずと取るべき対応は決まると思います。

 

まとめ

今回は、無茶なお客様の返金希望に対し、Amazon規約に則りきっぱりとお断りした事例をご紹介しました。私はこの対応は正しい対応だったと考えています。その根拠とは

 

・保証期間外の返金の義務は無い
・せどりビジネスは慈善事業ではない
・お客様のご希望と我がままは明確に区別する

 

ということになります。まあこれも一せどらーとしての意見ですので、賛否両論あっても良いかもしれません(笑)。10人10色なんて言いますしね。

 

ただ。もし私の考えに共感して頂いたなら、私のせどりへの考え方、ノウハウのロジックなどもすんなり学び理解しすぐに飛躍できる可能性もあると思います。勿論、望月流思考でね(笑)。

 

追伸

最近の副業解禁の流れもあって、本業以外に手堅い収入を希望される方が増えています。ただ明確に分かっていることは「迅速に即金成果がでるのはせどりだけ」という普遍的な結論です。

 

「安く仕入れて、高く売る」

 

それは、これ以上にシンプルで明快なビジネスなどこの世に存在しないからです。ただしせどりと一言に言っても、全ノウハウが稼げる訳ではありません。

 

あくまで「論理的に稼げる仕組み(ロジック)がしっかり存在し、飛びぬけた実績を余裕で叩き出せるせどりノウハウ」しか、永続的に稼いでいくことなど出来ません。

 

薄利商品を自転車操業状態で何百個と仕入れ、ようやく月収10万みたいなノウハウじゃ全く継続性が無くビジネスにならないことは明白ですよね?あくまで余裕を持って稼がなきゃ意味がないんです。

 

もし副業や家事の忙しい合間、スキマ時間になるべく労力をかけず、それでいて高利益が約束されるようなせどりノウハウがあったなら。少資金がまるで倍々ゲームで着実に積みあがるせどりノウハウがあったなら。

 

そんなせどりノウハウにチャレンジしてみたい方は是非、私が苦心の末に開発したこのノウハウを見てみて下さい。忙しい方の一番の理解者、望月進ノ介のノウハウです。

 

>>こんぱくと・せどりの内容説明&販売ページへ